オフィス モモ:いい加減レシピ

 

[いい加減レシピ ] 記事一覧

リゾット




昨日のパスタのソースが鍋の底に少し残っていました。

そこで、少しの水を加え、冷凍してあった五穀米を解凍して入れてコトコトと。
味が薄くなった分は塩コショウで整え、粉チーズを加えて完成。
コショウは、ブラックペッパーを粗挽きで多めにし、上にチラリとパセリなども振りました。

野菜と素朴なパンを添えて頂きました。オナカがパンパン(笑)。
午前の仕事を終えて作った今日のランチ。美味しかったです。
連日 食べ過ぎております。体重計に怖くて乗れません………

久しぶりパスタ


最近パスタが食べたくて…
 
久しぶりにマエストロ大橋から教わった、イタリアのおばちゃんのパスタを作りました。思わずため息、美味しい  


イタリアの家庭の味:イカのパスタ
<材料> 
 イカ 1〜2ハイ(わたと骨は取る)
 にんにく 4〜5 : 玉ねぎ 2〜3ヶ : ピーマン 2〜3ヶ :トマト水煮缶 2ヶ:
 固形スープ 4ヶくらい : 赤唐辛子 2本くらい : 赤ワイン カップ1くらい :
 ローリエ、パセリ、バジル、セロリ など

<作り方> これは大昔、誠子先生の料理教室(LCC)で仲間が集まりイタリア語を習っていた時に、イタリア語を教えてくれたマエストロ大橋から教わった、イタリア家庭のスパゲティです。ちなみにマエストロは柔道の指導にイタリアに行き下宿をしていました。大関魁傑と同じ大学で友人だったようでした。

1、オリーブオイルにニンニクを入れ香りを出す。切り方はお好きに、
2、玉ねぎ、ピーマンは チョー荒めのみじん切り、1に玉ねぎ入れてガシガシ炒める。ピーマンも炒める。
3、トマト缶入れる。缶に水を入れ缶に付いたトマトまでもれなく入れる。トマ缶と同量の水が入ります。
4、赤ワインをドボっと入れる。
5、固形スープ、ローリエ、他スパイス入れる。
6、唐辛子は種を取り半分にちぎっていれる(好みで辛くするにはもう少し入れても良い)。
7、一煮立ちしたらイカを入れる。身には切りやすいように切れ目を入れる。丸ごとがパサパサになりません。
8、30分くらいコトコト煮る。
9、最後に塩コショウで味を整え出来上がり。

ドーンとソースを器に入れ、パスタも茹で上がったらドーンと器に入れ、各自取り分けていただきます。
ワイン、ビールが進む。パスタもいつもの倍くらい食べられる。

マエストロと誠子先生との思い出のパスタです。マエストロ持参のワインを彼がどっと入れようとすると、誠子先生が「そんなに入れなくていいよ。もったいない。呑みましょ!」なんて言ってました。生徒は飲んべえで、マエストロは下戸でした。お試しあれ!
 

舞茸ごはん


秋なので舞茸ごはん作ってみました。

舞茸は、買って来たら一日天日に干します。そうすると 一味違います。

<材料>
ごはん、 舞茸、 鶏の胸肉1枚の半分
かつおと昆布の顆粒ダシ、 日本酒

<作り方>
・舞茸は一日干した後、手で大きめに裂く
・鶏の胸肉は 細かめに切る
・顆粒のダシをカップに入れて、お酒と少しの水で溶く
・お米を研ぎ、まず顆粒ダシを溶かしたものを入れ、その後分量の水を入れる
・舞茸と鶏胸肉を入れてザックリ混ぜる
・炊飯器を炊き込み御飯仕様に合わせ、スイッチをポン!

醤油は使わずです。さっぱりと頂けます。
ご飯炊く時に、だし昆布に切り込み入れて敷いて、塩味だけで炊くのも美味しいです。
塩味のキノコご飯は、母から聞いたもの。母方のおばあちゃんが作ってくれた様です。

とにかく、新鮮なキノコをお日様に当てるのがポイントです。

初ラザニア

眠たくて眠たくて……一仕事終えて帰宅して寝れば良いのに……
ラザニア作りました。
初ラザニア
少し前にラザニアを購入。作ろうとすると何故か用事が出来たり、なかなか出来ませんでした。
ひき肉も冷凍してあったので、作らねばと頑張りました。

<材料>
合い挽き肉:400gくらい(不明)たたいたみたいな粗挽き肉があったのでそれ。
玉ねぎ 1個、トマト水煮缶詰 1個、 赤ワイン 半本、 生クリーム 小さいパック1、
ホワイトソース(今日は缶詰を使用)、牛乳1カップ、ブイヨン 2ヶ、
パセリ、ローリエ、クローブ、ナツメグ、コショウ(白/黒)、ウスターソース、パン粉、チーズ 以上適宜
ラザニア 6枚(4人分くらい)四角い器に1段2枚×3です

<作り方>
・ミートソースを作る。
 オリーブオイルにニンニクを入れ軽く香りを出し、粗みじん切りの玉ねぎとひき肉を炒める。
 トマトの缶詰、赤ワイン、水1カップくらいを入れ煮込む。好みのスパイス放り込む。
 水分が少なくなるまで 20分以上煮込む。

・ホワイトソースを用意する。缶詰の時は牛乳でのばし、トロトロな感じに。
・ラザニアを茹でる。今日のパスタは4分でした。オリーブオイルを入れて茹でるとくっつかないですよ。

・器に並べる
 ミートソース〜ホワイトソース〜ラザニアの順番で3回繰り返す。段々に。
 最後に、残ったミートソースとホワイトソース(うまいこと残しておくべし)をラザニアの上に全部のせる。
 生クリームを良く振って、ざざっと回しかける。
 その上に、チーズ(スライスでも料理用でも)その又上にパン粉をまんべんなく敷く。
 パン粉の上、所々にバターを置く。

・200度のオーブンで20分。初めはアルミ箔をかけて焦げないように。
・アルミ箔を取って 10分くらい。いずれも下の段です。様子見ながらどうぞ。

赤ワインに、めちゃめちゃ合いました。実際には少し濃いめの味になってしまったのですが、直してます。
この分量なら大丈夫だと思います。濃いめ(と私は思ったのですが……)でも、うまいうまいと好評でした。
初めて作ったのでした。レストランでも、ほとんど食べた事がありません。でも、出来るもんですねえ……
良かった 良かった。

ひとつ後悔は、自分でホワイトソースを作らなかったこと。味決めに苦労するなら作るべし!ですね。

Papa shin のバジルソース


このビンの中には、手作りのジェノベーゼソースが入っていました。空っぽなのは… はい、食べちゃったからです。

先日届けてくれたソースのレシピを、Papa shin に聞きました。

<ジェノベーゼソース>
 バジル          2袋
 松の実         30g
 粉チーズ        30g
 オリーブオイル    150CC
 ニンニク         2片
 塩          小さじ1

<作り方>
 バジルは洗って しっかり拭く。 松の実は炒っておく。
 バジル以外の材料を、フードプロセッサーにかけて、ガーーッとやった後に、バジルを入れてガーッ。

これで出来上がり。市販のものより薄味の美味しいジェノベーゼソースです。
Papa shin 初登場でした!

ビーフストロガノフ


昨日から食べたいもの。
ビーフストロガノフとラザニア。
 
で、今日はビーフストロガノフ。ターメリックバターライスとサラダ。
 
 
作っている間から、オナカ空いたよ~~ 何故か気が遠くなるほど ハラヘッタア
 
美味しかったです。


ビーフストロガノフ
 牛肉薄切り(400g) ニンニク 玉ねぎ2ヶ 今日はキノコたくさん(白舞茸 ブラウンマッシュルーム) 
 オリーブオイル 塩こしょう 小麦粉 ブイヨン 白ワイン パセリなど 
 生クリーム(200cc)
<作り方>
 ・オリーブオイルでさっと肉を炒め、取り出す。
 ・オリーブオイルで薄切りニンニク炒め香り出し、薄切りの玉ねぎを入れる。
 ・キノコも次に入れて炒める。秋だからきのこたっぷり。でも、マッシュルームは必須。
 ・小麦粉大2くらい野菜に振りかけなじませる。
 ・カップ半分位の水、同量の水、白ワインを加え、ブイヨン1〜2個入れる。しばしコトコト煮込む。
 ・ローリエとか、ブーケガルニとか入れる。なくても大丈夫。
 ・最後に生クリームをどっと入れて、塩こしょうで味を整える。

サラダ
 クレソン 玉ねぎ(うす〜〜いスライス) マッシュルーム薄切り レタス キュウリ
 ドレッシング(オリーブオイル 氷玉ねぎ 酢 塩 コショウ)

<作り方>
 まずドレッシング。氷玉ねぎ(なくても良い)酢 塩 コショウ を良く混ぜる。オイルは最後。
 野菜をちぎったり切ったり。キュウリはひとつまみの塩を振り水分が出たら取ってから入れると良いよ。
 ドレッシングの味はお好みで。
 私の分だけ蛸のスライスをマリネ風に入れました(青年は魚アレルギー)。

でも、今日の空腹は……何だったのだろう。青年は10時頃 うまいうまいと食べておりました。
明日はラザニアになるかなあ……時間次第ですね。
 





水なす


大阪の野菜 泉州水なす。
なんと宇都宮で 一瞬漬けを教わりました。

適当な薄切りにして、塩をまぶし20分くらいで完成。塩は人差し指と中指 2本でつまむくらい。
あとはお好みで加えましょう。

しぼらず食べる。ふかふかと美味しい。なにより簡単。お試しください。

ただ…宇都宮では「改善クラブにあるよー」なのですが、近くのスーパーにはなく、二店目でゲットしました。
糠漬けより塩分控えめかもです……そしたら出張DASH村で 紹介してました……旬だそうです。

変身カレーの変身

moblog_03006416.jpg

昨日のカレーの残りを、カレーうどんに。

水を少し加え、カツオだしの汁の素を少し加える。
冷凍うどんを放り込みいい感じになったら、ネギの斜め切りをプラス。

美味しかったです。

変身野菜カレー


ピーマンと豚肉のシンプルな炒めもののつもりが、何故か夏野菜カレーに変身しました。

材料:豚肉薄切り ピーマン(緑と赤) 茄子 しめじ タマネギ セロリetc
調味料:塩 コショウ ブイヨン カレー粉 カレールー2片 トマト

肉に下味(塩・コショウ・酒)を付け軽く炒めて取り出す。
同じフライパンで、ざくざく切った、冷蔵庫にある野菜を炒める。

ここでふと「カレー味にしたら美味しいかも……」と思ってしまった。
そこで、炒めた野菜にさっきの肉を加え、カレー粉を加える。
ここから「あ、カレーにしちゃおうかな」と。片栗粉まぶしてあるんですけどね(笑)。

水とブイヨン入れて、クローブ、ターメリック、ローリエ、パセリなど入れ、少し煮込む。
冷蔵庫をゴソゴソ探し、あれもこれも投入(セロリは煮込む場合は葉っぱを刻んで放り込んでしまいます)。
サラダには熟し過ぎのトマトもざく切りで投入。
で、とろみ付けに固形のルーを刻んで入れて、あっという間に出来上がり。


冷やご飯でガーリックライスを作ってあったので、それと一緒に召し上がれ。


 

居酒屋kemeのもつ煮込み

居酒屋kemeのもつ煮込み  つまみの定番。もつ煮込みです。

材料:白モツ 大根 人参 こんにゃく 豆腐 長ネギ
   調味料は 日本酒 味噌 好みで七味唐辛子

<下準備>
モツは二度くらい、水からお鍋に入れて火にかけ、沸騰したら取り出してもう一度最初から同様に。
下ごしらえしてある物を使うと楽です。食べ易い大きさに切りましょう。

大根、人参、こんにゃくも食べ易い大きさに。いちょう切り程度の大きさ。

鍋にモツと切った野菜を放り込み、水と日本酒(料理酒で可)最低カップ1を入れ煮る。
カツオだしを入れても美味しい。30分くらい煮込んだら味噌を溶き入れる。
味はお好みで。つゆが無くなって来たら水を差す。たっぷりめの汁にしておきましょう。
生姜を入れても美味しいですよ。

モツが柔らかくなったら、豆腐を大きめに切って入れて10分くらいは煮込む。
味の沁み具合もお好みで。時間は加減して下さい。

食べる時に、刻んだネギをたっぷりのせて、お好みで七味唐辛子(一味でも良い)をかけてどうぞ。

お味噌の味によっては、味醂を少し加えると良いでしょう。
「美味しい味噌」がポイントです。