オフィス モモ:海辺のカフカ

 

Entries

海辺のカフカ

村上春樹という作家、あまり好んでは読まなかった。
最近、話題になっているし…長いこと電車に乗るし…「海辺のカフカ」を買った。

この時の本屋のお姉さん「わたしも、村上春樹、得意じゃないんですよね。」と、妙に意気投合。

ホテルで、新幹線で、車で時間をつぶしながら読んだら、これはとても素晴らしかった。あと2回くらい読まないと理解できないかも知れないけれど、心がとても静かになる作品だった。哲学的で、登場人物ナカタさんのように「kemeは頭が悪いので、よくわかりませんが…」とつぶやきながら読み続け、帰宅後も時間があれば読み続け、さっき終了。

今日は、静かに過ぎて行く時間を楽しんでいる。

カフカ、変身と審判くらいしか知らないけれど…「海辺のカフカ」なんという小説なんだろう。大切にしたい1冊になるかもしれない。

いつもの場所なのに、心もまわりもとても静かだ。