オフィス モモ:フラガール&でれすけ

 

Entries

フラガール&でれすけ

フラガールを見たよ。始まって間もなく、あの富司純子さんが「でれすけ!」と言ったのです。「うん?でれすけだとおー?でれすけって福島弁だったのか?うちのほうでも聞いたよー。」と、思ったのです。我が家は姉妹ですから身近で使われることはありませんでしたが「でれすけ」は、友人たちの会話には良く出てきました。バッカヤロウとか、しょうがないなあとか、このやろうとか…そんな時に「こぉの、でれすけがぁ」となるわけです。ロードリーのマスター思い出した。

でも、☆☆☆☆くらいあげちゃいたい映画でした。松雪泰子が素敵。とにかく、栃木生まれのわたしにとって、とても懐かしいと同時に、作品としても文句なく面白かったです。これは、めったにないけど、もう1回観るかもしれない。岸部一徳の福島弁のタンカは、意味不明だったデス。あれが、リアル福島弁なのか…

栃木は、東北に近いんだなあ…と思いました。

観終わった後、マジで「ヤバい、あしたナマッチャウカモ。」と思ったのでした。