オフィス モモ:マシューボーンの「眠れる森の美女」

 

Entries

マシューボーンの「眠れる森の美女」

ポスター  オブジェ  横から
観てきました。マシューボーン演出を初めて観たDAI は少し驚いた様です。
曲は馴染みの「眠り」ですがトウシューズも履かず、アクロバティックなコンテンポラリーの動きの踊り。
が、きっちりとストーリーは組み立てられてあっという間の時間でした。

ざっくり内容ご紹介。
第1幕:1890年「オーロラ姫の誕生」マリオネットのオーロラ赤ちゃんが動く動く。
    カーテンをよじ登る、踊りに合わせてリズムを取る。クスクス笑えます。
第2幕:1911年「大人になったオーロラ姫」恋模様がたくさん。
    オーロラの恋人はレオ。このシーンのカラボスの息子カラドックが素敵。
第3幕:2011年「オーロラ姫の目覚め」
    リラの精はヴァンパイア。レオをヴァンパイアにして100年待てる様にしました。
第4幕:きのう「オーロラ姫の結婚式」
    最後に一波乱。ラストはお楽しみ……ということで。

とても良い時間を過ごしてきました。しかし、ダンサーが軽い。
オーロラとレオのアダージオ。体重を感じさせない2人でした。
ちなみに「腰痛で行けないかも」のDAIは何とか持ちこたえ「行けて良かった〜」
重厚なレズ・ブラザーストンの衣装と美術。一幕の満月と鏡。
予算がある舞台はいいなあ……と思ったKemeでありました。

[この記事へのコメント]

投稿フォーム

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。