オフィス モモ:凍頂烏龍茶

 

Entries

凍頂烏龍茶

時間が経つのがはやい。さくらは、本当にさくら吹雪のように散り、空気も「おぼろ月夜」の唄がふさわしいような私の中での春の宵。局AN時代、こんな夜には仲良しで、粋なディレクターと「今日は歩きたいなあ‥」「じゃあ、一緒に帰るか。」と。何をするでもなく、とことこと歩いたことを思い出しました。春が薫ってくるのですよ。

今週は何だか余裕がありませんでした。北国に旅立つおじさまの追い出し会に参加したり…紅一点(女性は最近ずっと一人だぁ)なので、頑張って参加するのですが結構体力がいります。お帰りなさいの会には、衣裳作りで参加できるかどうか…アイヌネギと岩魚をいっぱい採ってくるそうです。

ゆっくりする時間がほしいかな…と、切れていた凍頂烏龍茶を買って来ました。ちょっと値段は高いけど、香りの高いおいしいお茶です。

小さな茶器をとりだして、ゆっくりと香りを楽しんでからお茶を飲みます。ほんの少しの時間なのに、なんだかとてもゆったりした気持になるから不思議です。

最近、紅茶のフレーバーティが多かったので、ここしばらくは中国茶を薫らせてみようかな。

もう少し真面目に更新しなければ…反省の今日でし
た。次は、あの銀杏の近況を…