オフィス モモ:「春の響」宇都宮市文化会館

 

Entries

「春の響」宇都宮市文化会館

いつもの事ですが、疲れと緊張感と演奏への期待感を持って望んだ昨日。
善養寺啓介さんの演奏は期待通り素晴らしいの一言。
そして遠藤千晶さん、日吉章吾さんの演奏も同様。
3人の合奏の「尾上の松」観客は興奮状態で聞いていたようでした。

昨日のお仕事 鶴の巣籠
古典本曲「鶴の巣籠」まさに祈りを込めた演奏。一流はすごいなぁ。
虚無僧尺八は地味だし馴染みがないかもしれないけれど、一度聞いてほしい。
大切な日本の伝統だから。
初めは眠くなっても、そのうちにわかってくるから不思議。
初めに聞くのは本物が良い。良い演奏を聴くと何か感じるはずです…って結構私は変わり者かもしれません。

そして、この日合同演奏でリハーサル重ね、プロの演奏家と同じ舞台に乗った皆さんの準備風景。
本番前の一瞬です。火の用心は緞帳の裏側ですよ(笑)
合同演奏準備
心地よい緊張感と共に、きっと良い経験をなさったと思います。
お疲れ様でした。

[この記事へのコメント]

投稿フォーム

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。