オフィス モモ:紫桐会(しとうかい)演奏会

 

Entries

紫桐会(しとうかい)演奏会

昨夜(11/24)は、紫桐会 秋の演奏会にいって参りました。紫桐会という一つの会が毎年開催している演奏会。純邦楽の演奏会、しつこいけど、コンサートではなく演奏会です。

演奏者は、生田流箏曲のベテラン、中堅の日本を代表するようなみなさま。どちらかというと、どっしりとした重たい曲が多ございます。

箏座(ことざ)からのおつき合いの、木田敦子、野田美香他の会ということもあり、行ける限り聴きに行っています。

さて、昨夜のプログラム

1.遠砧   宮城道雄作曲
   箏本手 阿部真由子
   箏替手 白石美保 市原康江
   三弦  石塚恵美 戸田裕美子 手塚千絵子
   尺八  田辺頌山  
2.京松風  作曲者不詳
   箏   岡村慎太郎
   三弦  衣笠一代 市橋京子 池田聡子
3.茉莉花  牧野由多可作曲
   ・箏  矢野加奈子
   ・箏  野田美香
   十七弦 木田敦子
   尺八  田辺頌山
4.春三題~三絃と箏による~
   箏   岩立美佐子
   三弦  秋山恵子
5.千代の鶯
   箏   佐野奈三江 石井靖子
   三弦  檜垣鈴子 吉澤昌江 柿原百代 福谷和子

以上5曲。尺八の賛助出演は今年は、田辺頌山(たなべしょうざん)でした。

この会の秋の演奏会は、ことに通好みの曲が選ばれる事が多く、お客様は純邦楽をかなり聴いている方、自分でも演奏する方が多いと思われます。入門編ではありません。ですから、はじめて箏(こと)を聴くという方には、私はお薦めしません。

今回は、好みで「茉莉花」やっぱり、この人達はいい
なあ…と、思いました。それから、春三題の三弦…何気ないんだけど気持良かった。この曲はお洋服での演奏をききたかったかな。そうしたら、もっと春が来たかもしれません。あと、千代の鶯で、最初に歌った方の声、ゾクっとしたのでした。

初めてお箏を聴いたのがこの演奏会だとしたら、思った通りの伝統文化だと思います。でも、この古典を学んでいるからこそ、自由になんでもできるんですよ~~ということを、皆様おわかりください。色々なところで活躍している皆様でございます。

でも、そういうものなんだろうけれど、演奏する姿、無表情でコワイ(笑)。感情は押し殺して、それは指先を通して音に出す…というものらしいんだけど、昔の人もそうだったのかな。曲それぞれではあったとしても、もっと楽しそうに演奏していたんじゃないのかな…と、思ってしまいました。

詳しくなったら、聴いてみて下さい。唸ってしまいますよ、きっと。