オフィス モモ:宇都宮市民芸術祭

 

Entries

宇都宮市民芸術祭

 6月5日、宇都宮市文化会館小ホールで、市民芸術祭の邦楽演奏会が行われました。この司会を担当してもう5年。邦楽?古臭いよ…と、出演者の知り合いがパラパラ来るだけだった時から思うと、お客様も多く何より演奏力が上がったな-と感じるステージになっていました。

 邦楽を楽しんでいるアマチュアの皆様の演奏の他に、毎年、若い人達に邦楽に親しんでもらおうと様々な企画を考えている運営委員の皆様ですが、今年はその企画曲は「花さき山」というお話。箏、17絃、尺八の演奏、晃宝小学校合唱部のこどもたちのコーラス、語り、それに加えて絵本の原画(切り絵)のスライドの上映というコラボレーションでした。司会進行をしながら気持を切り替えての語りですので、大変でしたが、子供達が愛らしく、まさに清らかな天使のような声ですべてを包んでくれました。指導する先生も素敵なかた…大きな声を出さなくても、子供達はすっとまとまるし、礼儀正しく明るく…赤いチェックのお揃いのスカートが可愛かった…

 出演者の自己満足のみに終わる芸術祭(自治体主催)も多い中で、この団体は本当に来る人のことを考えて運営している…と、その熱意が伝わって参ります。来年はどんなことやるのかなと楽しみでもあり、考えるの大変だろうなあ…と生みの苦しみを思ったり
もしております。みなさま、お疲れさまでした。