オフィス モモ:男性ソリストたち

 

Entries

男性ソリストたち

日曜の橋本陽子 エコール ドゥ バレエ、なんと4時間のステージでした。ちびちゃんたちも頑張っておりました。でも、ゲストの踊りはやはり見応えがありました。

何年か前からお手伝いしていますが、いまやKバレエカンパニーのソリスト、遅沢祐介さん。新聞に白鳥のロットバルトの記事が出ていました。なんか、前回よりもオーラが出て来た様な……気のせい??舞台監督が「こーんな(子供の頃の背丈を示し)頃から見て来たのに、いまやすごいよねぇ」と。でも、育った場所を忘れないのは素晴らしいことです。

登坂太頼さん。海賊のアリのヴァリエーションと、ブルーバードのヴァリエーション踊ってましたが、フィナーレはアリの衣装で登場。うん、そうでしょうね。海賊のヴァリエーション、溌剌としてすごく良かったですもの。でも、この踊りは若さみなぎるダンサーが踊るのがよろしいかと思うのです。ルジマトフは貫禄ありすぎて、奴隷に見えなかった事を思い出しました。皆さん、ステージで大きく見えます。若手の未来が楽しみです。

その背中を追いかける小さなバレリーナたち、がんばって上手になって下さいね……と、ついつい我が事の様に……

みんな、しっかり立つよねえ……週1回のジレンマが訪れますが、その中で少しでもレベルアップできるように、kemeも研究を続けます。努力、継続、あるのみ。