オフィス モモ:空中ブランコ と本能寺の真相

 

Entries

空中ブランコ と本能寺の真相

最近、本を読むスピードが一段と早くなった気がするの。でも、細かい内容はとばしている気がして、最低2回は読む様になりました。

なんとなく本屋さんで買った2冊。それぞれ違う意味で面白かったのです。

「空中ブランコ」奥田英朗
2004年の直木賞受賞作だそうな。知りませんで、でも面白かったのです。文庫です。短編集です。そのトップがこれ。内容は当然話せませんけど、最後の3行は、思わず「うふっ」となりました。読み終わった後で、直木賞(帯に書いてあった、デカデカ)知りました。うん、納得、面白いです。

「本能寺の真相」姉小路祐
ミステリーなんだけど、その謎解きはどうでもよくて「本能寺の変」の、秀吉・光秀・家康・空海の推理がメチャメチャ興味深く読みました。kemeは“直参旗本”の家系です。家康が竹千代だった頃から、ひたすら主君家康を思い……という末裔。学生時代は歴史に興味はありませんでした。でも、充分大人になってから(いいとしになってから)興味を持っています。あ、でも、祖先を高校のとき人名事典で調べたよ(うちでは初めて)。初代はしっかり載っておりました。すごいよね。それで、この小説は当然フィクションなんだけど、ものすごく興味深いことが沢山あったのです。ミステリーとしてよりも、別な解釈の戦国時代にワクワクしてしまいました。信長好き、秀吉好き、家康好き の方は読んでみるのも良いかもしれません。光秀好きは必読です。

先祖をたどって、三河の国を訪ねる時間が欲しいと思います。