オフィス モモ:24時間テレビ

 

Entries

24時間テレビ

昨日から、見たり見なかったり……でも、最後エドさんのゴールに感動してしまいました。ここ何回か「この人が何故はしるの?」などと思っていた気がします。でも、今回は走る訳がはっきりしていたからでしょうか。共感できました。

障害を持つ皆さんの挑戦がたくさんありました。ひとつ、健常者より自由になるパーツが少ないというだけで、とても大変な生活を強いられる。でも、本人はそれも個性と受け入れているのかもしれない。それよりも、どこも、何も、不自由はないのに…テキトーに生きて、何かできないと自分に都合良く言い訳して、それでも偉そうに自分をつくろって……自分自身を含め、うだうだしている青年たちに「しっかりしろよ!!」とハッパをかけたくなりました。

同時に、不自由なことがある我が子を外の世界に送り出す、そのご両親の勇気と力に脱帽です。だからこそ、あの皆さんは、あんなに素敵な笑顔を見せてくれるのでしょう。心から応援します。

見えて、聞こえて、走れる。そして、今もこれからも、生きていられるという事をもっと感謝しなければいけません。

多分、この番組の始まりの頃から、見られる時は見て来たと思うのです。今年は3億を越える募金、大きくなりましたね。そして嵐の皆さんは、きっとスゴいものを得たのだと思います。安易に芸能界憧れるけれど、チャラチャラはできません。多分、あの皆さんの方が同年代の青年たちより、何倍も努力していると思います。大人だと思います。少しはその世界にいるからこそわかります。半端じゃない事やってますよ。

亡くなった伊藤和也さんのご兄弟から募金が寄せられたのも、胸が痛くなりました。これからも必要な人がどうしていなくなるのか……戦争を知らない私には何も言えませんが、しっかり戦争はNOの意志だけは表して行きたいと思います。戦争はいやです。息子が戦場に行って、殺されるのも、殺されないために人に銃をむけるのも、母はどちらもいやです。

[この記事へのコメント]

投稿フォーム

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。