オフィス モモ:民俗芸能 和力(わりき)

 

Entries

民俗芸能 和力(わりき)

少し前ですが、箏奏者の帯名さんに誘われて「和力」のライヴを観ました。

このユニットは、伝統芸能(日舞、神楽、お囃子)和楽器(笛、三味線など)箏、津軽三味線の集まり。コマ回しから始まって、踊りあり、演奏あり。

初めて観る、というより、昔あったよね…という構成。現代のお神楽なのかしら。以前取材した、江戸里神楽の松本源之助さんを思い出しました。松本さんが言っていた「昔は、踊りもできれば、笛も吹く。太鼓もたたく。5人囃子は本当にそれだけで何でもできたけど、今では役割が別れちゃってねえ。」などという言葉を思い出しながら観ておりました。

お正月に玄関口にやってくる獅子舞。お獅子にアタマをパクッと噛んでもらうと一年良いことがあるよー、めでたいめでたい…これは、田舎暮らしの私の世代までで、もう過去のものなんでしょうね。客席に登場したお獅子に懐かしさを感じるとともに、説明しながら演じる演者が少し可哀相にもなりました。とはいっても、ほとんどは知ってる年代でしたけどね。

のどかな良き時代のひとこま。これを次に残すために、色々考えながら頑張っているんだなぁ…と。ただ、響きの良いホールで、PAを通してのカネと、津軽三味線の二重奏は耳が痛く、休憩時間に一番うしろの、そのまた後ろに移動しました。音のバランス、大切ですよね。

本当は、お祭りの境内の一角で、野外で聞いたり観たりするのが風情があって一番なのでしょう。少し、追いかけてみようかなと思いました。