オフィス モモ:真珠の耳飾りの少女

 

Entries

真珠の耳飾りの少女

行列は、70分もかかりませんでした。
そして、中に入るとそんなにギュウギュウ感はなく楽しめました。

息苦しくなく、混雑のわりには穏やかに見ることが出来た気がします。
フランドル絵画は詳しくないので(他も詳しくないですが…)
音声ガイドを借りてしまいました。
その効果もあり、集中できたのかもです。

少女の周りは人の山。
「最前列の方は少しずつ、この列でお進み下さい。肩越しでよい方はこちらへ」
結局、肩越しを選びましたが大正解でした。
隣のご夫婦が「少し色が変わったね」とおっしゃっておりました。
現地で見たようです。
ロビー(?)にはこんなマネキンがありました。少女のマネキン

マウリッツハイス展のあと、無料の「東京都美術館ものがたり」を覗きました。
歴史と共に、佐伯祐三、梅原龍三郎、岡本太郎などの作品が。
何よりも、日比野克彦の芸大の卒業制作の作品を見ることが出来たのです。
お得感、満載でした。いらした時にはチラリ覗いてみましょう。

その後も、あちこち用事を済ませたので、昨日はいささかお疲れでございました。
けど、良い時間を過ごせました。
エイッと行く気になったのは、早紀ちゃんのハガキがきっかけ。ありがとね。


[この記事へのコメント]

投稿フォーム

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。