オフィス モモ:最近の読書

 

Entries

最近の読書

山岡荘八の徳川家康 全26巻はしばらく前に読み終わりました。
3度目ですが、その度に感じるところが違ってくるのが面白いですね。
今回は、関ヶ原から大阪冬の陣、夏の陣のあたりにイライラしてました。
関ヶ原はまだしも……側近によって不幸を招くこともあったのだなあと。
身内びいきと言われてしまうと何とも申せません。
狸親父と言われようが、家康はすごいと思います。
この小説で一番好きなのは、家康のお母さん「於大の方」。1巻読んでみてください。

そして何となく購入したのが「神様のカルテ2」そうしたら、はまってしまいました。
この映画を見てはいたのですが、漱石をこよなく愛する一止(いちと)さんが
映像より鮮やかに描かれていて、「その1」も読みたくなりました。
しかし、駅前の本屋さんにはなかった。何とも好みの言葉使いと風景なのです。
地方医療の現場は、これが実情?という思いもありつつ読みました。

最近ビブリア古書堂……がドラマになっていますが
栞子さんが違っていました。恥ずかしがりで、話も出来ないようなお嬢さんが、
本の事になると別人のように饒舌に……というあたりが面白かったのですが、
吃音気味の栞子さんはどこにもいず、最近は見ていません。
本の方が面白いですよ(笑)。

あ、少し関わっている「世界らん展」確か今日まで。
ランが好きな方はいらしてください。東京ドームです。

[この記事へのコメント]

投稿フォーム

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。